忍者ブログ

Lutetiums

Shift + Delete で削除してしまったディレクトリ・ファイルの復旧 TestDisk

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

Shift + Delete で削除してしまったディレクトリ・ファイルの復旧 TestDisk

やりたいこと

  • Windows、Linux で"Shift+Delete" や "ゴミ箱を空にする" で消してしまったファイルを復旧する
  • ディレクトリ構造を維持したまま復旧する←重要

用意するもの

  1. 復旧データを保存するために十分な空き容量のあるハードディスク
    NASやクラウドでもマウントできていればOK
    (復旧したいデータが保存されていたハードディスクとは別の保存領域。 同じディスクでは復旧中に上書きしてしまって、取り戻せなくなるファイルが出る)
  2. 復旧ソフト TestDisk

手順

TestDisk Step-by-Step 参照

FAT12, FAT16, FAT32, ext2, NTFS のパーティションからのファイル復旧手順が Recover deleted files の項目にあります。

何故 TestDisk か

対応しているフォーマットであれば、ディレクトリ構造を維持したまま復旧されるので、ルートからごっそり削除した場合でも、コマンド打って一晩ほっておけば大体復旧できる。(意図して削除したファイルも戻るので、復旧後いらないファイルは再度削除する。)
ディレクトリ構造無視して復旧するソフトでは、同じ名前のファイルが複数フォルダに有った場合、毎回別の保存先を指定しなくてはならず、放ったらかしにできない。

復旧ソフト名 復元数制限 ディレクトリ構造 安定性
Recuva
制限無し
×
DataRecovery
仕様上は無し

大量のファイル復旧はできない
(落ちる)
EaseUS Data Recovery
Wizard Free 12.8
×
500MBまで
×
TestDisk

拍手[0回]

PR

コメント

P R

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31