忍者ブログ

Lutetiums

シェープファイル(Shapefile)の文字コード変更

TileMill やMapBox Studio などで、シェープファイルを読み込んだ際に文字化けする場合の対処方法

  • QGISで.shp ファイルを読み込んで、文字コード(UTF-8)を指定して保存する。
    Shpファイルの文字コードと、OSの標準の文字コードが同じ場合は大体これでOK
  • QGISだけではうまくいかない時は、OpenOfficeやKoffice、LibreOfficeでDBFファイルを読み込んで文字コードを変換する。 但し、この場合フィールド名が全て大文字に変わるので注意。

そもそもQGISでシェープファイルを開いたときに文字化けしている場合


QGISがファイルの文字コードを正しく識別できていないので、文字コードを明示的に指定する。

シェープファイルに文字コードの指定(cpgファイル)が無い場合、OSの標準文字コードで読まれるから起こる現象。サンプルは浦安市のオープンデータなので文字コードは(Shift_JIS)だが、OS(Suse Leap)の文字コードはUTF-8のため、UTF-8で読まれている。

[文字コード指定手順]
  1. レイヤーパレットで対象のレイヤーを右クリック(又はダブルクリック)
  2. プロパティをクリックしてレイヤープロパティ表示
  3. ソースのデータソースエンコーディングで、文字コードを選択する。
  4. 表示のみであれば以上で完了だが、このレイヤーを別名保存すれば、 .cpgファイルが出来て以降は正しく文字コードが選択される。

(Nov.27 2018 QGISで開いたときの文字化けについて追記)

拍手[1回]

PR

コメント

P R

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30