忍者ブログ

Lutetiums

無料帳票印刷ライブラリ (C# Windows Form アプリケーション)

ライブラリを購入する必要がないというだけで、手間はかかるので、トータルコストは帳票製品を購入したほうが安いはずです。

人件費はかけられるけど物品の購入はできないとか、客先用件でどうしてもオープンソースのみとか、特殊な要件に限られると思いますが、以下解説。

紹介するライブラリ

My-FyiReporting

依存するライブラリ

ライセンス(2018年10月現在)

ライブラリ名 ライセンス
My-FyiReporting Apache License 2.0
ZXing Apache License 2.0
SharpZipLib MIT
iTextSharp 4 LGPL
*iTextSharp は 5 以降AGPLのためソースコードを公開できない商用アプリケーションの場合はコマーシャルライセンスを購入する必要あり。
バグや著作権侵害コードの混入を防ぐため  iTextSharpは外したほうが安全。(外しても帳票の作成・印刷はできます。)

開発環境

  • Visual Studio Express 2015(2012以降)

手順

  1. My-FyiReportingの取得
  2. データソースの準備
  3. My-FyiReporting 付属のデザイナを使用してRDL編集
  4. Visual Studio にて参照設定
  5. C# コーディング・実行

1.My-FyiReportingの取得(Git Hub から 非Clone)

ダウンロード
NuGetも有るが、EncryptionProvider の依存関係がどうのとエラーになるので、GIt Hubのダウンロードページから実行環境に合う旧バージョンをダウンロードする。

2.データソースの準備

SQL ServerやMySQLでデータベースを作る。
XMLやテキストファイルもデータソースとして使用できる。

3.RDL編集

1.でダウンロードしたZip を解凍し、RdlDesigner.exe を使用して帳票のテンプレートを作成。

4.参照設定

Visual Studio の[ソリューションエクスプローラー]の[参照]にて、以下のDLLを参照に追加する。

  • DataProviders.dll
  • ICSharpCode.SharpZipLib.dll
  • RdlCri.dll
  • RdlEngine.dll
  • RdlViewer.xml
  • LibRdlWpfViewer.dll (WPFで使う場合)
  • zxing.dll、zxing.presentation.dll(バーコード使う場合)

5.コーディング・実行

フォーム上にRDLビューワーを配置し、3.で作成したRDLを読み込む。

  2.3.5.は説明が長くなるので、次回紹介します。


その2:RDLデザインその3:Form(C#サンプル)

拍手[0回]

PR

コメント

P R

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31